スマートフォン用の表示で見る

リオレウス

ゲーム

リオレウス

りおれうす

カプコンハンティングアクションゲームモンスターハンター』シリーズを代表するモンスター*1

通称は『雄火竜』「レウス」。


ほぼ全ての作品で終盤まで幅広く登場する飛竜種のモンスター。

破壊可能部位は、尻尾・翼爪・頭で、破壊すると報酬が増える。尻尾からは剥ぎ取りも可能。

初心者から中級者へと脱皮しようとする見習いハンターの前に立ちふさがる壁でもある。

振り向き速度による行動の先読み、尻尾を左右どちらにも振り回すが故のタイミングよい離脱を求めるシビアさ、腹下に潜り込んでもバックジャンプブレスで対処しなければならないなどとハンターのスキルを上げるためのよい相手になってくれる。

通常種

登場作品
メインシリーズ
初代MHGMHP1
MH2MHP2MHP2G
MH3MHP3MH3G
MH4MH4G
MHXMHXX?
オンライン
MHF シーズン1.0〜
番外
ぽかぽかアイルー村
ぽかぽかアイルー村G
ぽかぽかアイルー村DX
MHST(オトモン可)
MHXR?
MHSP? 01弾〜

体色は赤色で、龍属性の攻撃に弱い。MHP1までは序盤から早速登場するが、それ以降の作品ではリオレイアよりも登場が遅い。

『ストーリーズ』では最序盤で1頭登場し、とある出来事で傷を負い隻眼となる。この個体は物語がある程度進んだところから特別な扱いを受けることになる。

コラボレーションとして、なんと『メタルギアソリッド ピースウォーカー』(MGSPW)にも登場する。

亜種

登場作品
メインシリーズ
MHGMHP1
MH2MHP2MHP2G
MH3G
MH4MH4G
オンライン
MHF シーズン1.0〜
番外
ぽかぽかアイルー村G
ぽかぽかアイルー村DX
MHST(オトモン可)
MHXR
MHSP 03弾〜

通称『蒼火竜』「蒼レウス」。

体が青く、通常種より強力になっていて、多少水属性にも強くなっている。

希少種

登場作品
メインシリーズ
MHGMHP1
MH2MHP2MHP2G
MHP3MH3G
MH4MH4G
MHXMHXX
オンライン
MHF シーズン1.0〜
番外
MHST(オトモン可)
MHXR(イベント)

通称『銀火竜』「銀レウス」。

体の色が銀色で、亜種よりもさらに強化されている。

水属性の耐性が原種と同じであるが、その代わり、竜属性の耐性は最強になっていて、武器自体の攻撃しか効かなくなっている。

2011年ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われた「モンスターハンター・ザ・リアル」で等身大リオレウス希少種の立像が設置された。

その立像は、2012年に“Largest statue of a videogame character”(最も大きなビデオゲームキャラクターの像)*2としてギネス・ワールド・レコーズに登録されている。

二つ名持ち

登場作品
メインシリーズ
MHXMHXX
オンライン
番外

二つ名は『黒炎王』。

炎を利用した攻撃はとにかく派手。しかし上位の希少種個体と引けをとらない戦闘能力の高さなので、気を引き締めないと苦戦必至。

*1:なのだが、公式サイトの紹介ページはリオレイアの方が多かったりする

*2:全長約20,000cm、横幅17,000cm、奥行き8,593cm、2012年7月18日現在。