スマートフォン用の表示で見る

リオンディーズ

スポーツ

リオンディーズ

りおんでぃーず

競走馬種牡馬。馬名意味はシェイクスピア冬物語」に登場する王の名。父名、母名より連想。

2015年朝日杯フューチュリティステークスでは、キャリアわずか1戦でGIに挑戦し、母シーザリオが2005年の優駿牝馬で下したエアメサイアの仔エアスピネルに続く2番人気に推された。レースでは直線で先に抜けだしたエアスピネルを4コーナー最後方から追い込み優勝。デビュー2戦目での優勝はレース史上初で、デビュー29日目でのJRAGI制覇は1998年阪神3歳牝馬Sスティンガーと並ぶ最速タイ。

3歳時はクラシック制覇が期待されたが、皐月賞ディーマジェスティの5着、東京優駿マカヒキの5着に敗れた。秋は神戸新聞杯に向けて調整が進められていたものの、左前繋部浅屈腱炎発症2016年10月13日付けで競走馬登録を抹消し、現役を引退することとなった。その後はブリーダーズスタリオンステーションでの種牡馬となる予定。

リオンディーズ

生年月日2013年1月29日
性別
毛色黒鹿毛
キングカメハメハ
シーザリオ
母の父スペシャルウィーク
生産者ノーザンファーム安平町
馬主キャロットファーム
管理調教師角居勝彦栗東
生涯成績5戦2勝(2-1-0-2)
主な勝ち鞍2015年朝日杯フューチュリティステークスGI
備考2015年JRA賞最優秀2歳牡馬