スマートフォン用の表示で見る

リカルド・パトレーゼ

スポーツ

リカルド・パトレーゼ

りかるどぱとれーぜ

F1ドライバー

1954年4月17日生まれ。

ユダヤイタリア人。

256戦の出場はルーベンス・バリチェロに更新されるまでF1ドライバー歴代1位だった。

1977年シャドゥ?F1デビュー。

1978年アロウズ移籍。

1982年ブラバム移籍。

1982年モナコGPで初優勝。

1984年アルファロメオ移籍。

1986年ブラバム復帰。

1987年途中ウィリアムズ移籍。

1993年ベネトン移籍。

同年、F1引退。レースドライバーとしては1997年に引退した。

デビュー後、数年間は1978年イタリアGPでの、ロニー・ピーターソン?死亡事故の加害者扱い*1の件もあって、荒っぽいドライバーの評価が付き纏っていたが、ブラバム移籍以降は、堅実で安定感ある走りに変化した。

又、在籍した殆どのチームでNo.2ドライバーを務めた事から、「最強のセカンドドライバー」と呼ばれていた。

*1:後に、加害者でない事が判明。