リカレント教育

一般

リカレント教育

りかれんときょういく

いったん学校を卒業して社会に出てからも、必要に応じてまた学校で学習することが可能であるような教育システムのこと。1969年ヨーロッパ文化大臣会議でスウェーデンのパルメ文部大臣が使ったのが最初で、その後各国に普及した。