リガ大聖堂

地理

リガ大聖堂

りがだいせいどう

ラトビア語: Rīgas Doms)

ラトビア首都リガの旧市街にあるルーテル教会大聖堂世界遺産として登録されている「リガ歴史地区」の一部である。1211年、アルベルト司教によってダウガヴァ川の近くに建てられた。その後、増改築が何度も行われ、ロマネスク建築バロック建築などの建築様式が混在するようになった。現在の建築物は18世紀後半のものである。バルト三国における中世大聖堂の中で最大規模とされている。大聖堂にあるパイプオルガン1882年から1883年にかけて製作され、1884年1月31日に設置された。