リガ歴史地区

地理

リガ歴史地区

りがれきしちく

(英名:Historic Centre of Riga、仏名:Centre historique de Riga)

1997年に登録されたラトビア世界遺産文化遺産)で、タウガバ川がリガ湾に注ぐ河口より10kmほど遡ったところに位置する、首都リガの旧市街と新市街。町の始まりは1200年で、同年、ブレーメン司教アルベルトによって聖堂や兵舎が築かれ、1255年には大司教座が置かれた。1282年に、北ドイツの有力な都市連合、ハンザ同盟に加わり、13〜15世紀にバルト海東岸の商業の中心地として、ロシアと西ヨーロッパ地域を結ぶ交易によって繁栄した。旧市街には、中世ドイツ商業都市の特徴が見られ、とりわけハンザ同盟時代の町並みがよく残されている。ほぼ中心部にあるリガ大聖堂をはじめ、聖ヨハネ聖堂聖ペテロ教会堂は13世紀に建てられた。リガ大聖堂は、その後18世紀まで増改築が繰り返されたため、ロマネスクゴシックバロックなど、さまざまな建築様式が見られる。このような景観が評価され、世界遺産に登録された。