スマートフォン用の表示で見る

リクガメ

動植物

リクガメ

りくがめ

英名:land tortoise

爬虫綱カメ目リクガメ科に属するカメの総称。


甲長50センチを超える大形種が多く、マダガスカル島産のホウシャガメGeochelone radiataなど、甲に美しい模様をもつものが多い。

分布
この科Testudinidaeの仲間は約10属38種がヨーロッパ南部、サハラ砂漠を除くアフリカマダガスカル島アジア南部、アメリカ大陸に分布し、日本にはみられない。
生態
リクガメ類はまったくの陸生で、草原、荒れ地、砂漠などの乾燥地に生息し、ほとんど水に入らない。

餌は主として果実、草、サボテンなどの植物質で、昆虫、カタツムリなども食べる。卵生で100〜200日ほどかかって孵化{ふか}する。

主グループであるリクガメ属Geocheloneには、陸生ガメでは最大種であるアルダブラゾウガメG. giganteaとガラパゴスゾウガメG. elephantopusの甲長1.2メートルをはじめ、アフリカ産のケヅメリクガメG. sulcataの75センチ、ヒョウモンリクガメG. pardalisの65センチなどの大形種がそろっている。

しかしギリシアリクガメ属Testudoは小形で、北アフリカ産のエジプトリクガメT. kleinmanniは甲長12センチにすぎない。

ペットとしては、ヒガシヘルマンリクガメギリシャリクガメホルスフィールドリクガメあたりが初心者向けで飼いやすい。

関連語 リスト::動物 愛玩動物