スマートフォン用の表示で見る

リコピン

トマト等に含まれるカロテノイドの一種。オレンジや赤の色素のひとつ。

リコピンの抗酸化作用?βカロチンの2倍以上あるとされ、そのため、癌(がん)や動脈硬化の予防効果が期待されている。また、生活習慣病の予防の他、メラニンの生成に必要な酵素チロシナーゼ」の働きを抑え、美白にも効果があるとされる。

効果的に摂取する方法

リコピンは熱に強いため、煮込んだり炒めたりしても成分が減ることはない。また、油に溶けやすい性質を持つので、パスタのソースやトマトスープにしてオリーブオイルと一緒に摂取すると吸収がより高まる。