スマートフォン用の表示で見る

リザ・ホークアイ

マンガ

リザ・ホークアイ

りざほーくあい

鋼の錬金術師」の登場人物。

金髪茶目の女性で、軍事国家アメストリス?の国軍中尉。年齢は24-25歳。

ロイ・マスタング大佐を上司に持ち、彼の直属の部下の中では最も階級が高く、副官をも務める。

マスタングとは軍属になる前から懇意の仲であり、幼馴染ともいえる。

リザの父親は錬金術師であり、マスタングが彼の下で住み込みで修行を行っていたため。

名前の由来はアメリカの早期警戒機E-2ホークアイ

人物

身体

長い髪の毛をバレッタでまとめている事が多い。

かつては髪を短く切っていたが、ロングヘアの持ち主であるウィンリィ・ロックベルの影響から髪を伸ばすようになった。

10代の頃から両耳にひとつずつピアスをつけており、逆にウィンリィがピアスをつけるきっかけを与える事にもなった。

背中には、錬金術師であった亡き父によって刻まれた巨大な刺青を持っている。

首筋から臀部付近にまで広がるその刺青を隠すため、タートルネックの服を好んで着ている。

刺青の一部を消すためにロイ・マスタングに頼んで上からつけてもらった火傷、戦いの中で負った首筋の傷など、体中に傷がある。

性格

無表情というわけではないがあまり激しい感情表現を見せる事はなく、クールな印象を与える。

真面目で、仕事をサボりがちな上司に催促するなど厳しい部分もあるが、プライベートではごく普通の優しい女性としての姿を見せる。私服ではスカートを好む。

愛犬に対して「ブラックハヤテ号」と名付けるなど、ネーミングセンスは悪い。

ブラックハヤテ号のしつけのために、ブラックハヤテ号を脅そうと周囲に銃弾を撃ち込んだりなど、ギャグ表現の中では苛烈な行動も見られる。

能力

狙撃能力に優れ、姓のためもあり「鷹の目」という名で呼ばれる事がある。

少女時代に入学した士官学校にて、東部で起こった「イシュヴァール殲滅戦」の奥地にまで参加する事になり、その中で狙撃手としての才を広く周囲に知られるようになった。

職務中はもとよりプライベートでも銃器を持ち歩き、FN ブローニングM1910やエンフィールドNo.2などの実在する拳銃が確認されている。ライフルではマウザーKar98kを用いる。

零距離からも素早く銃弾を撃ち込めるものの、近接戦闘による肉弾戦は不得手。

2003年版アニメでの独自設定

名前や外見、一部の設定などは似るが、根本的には漫画や2009年版アニメとは別の人物として描写される。

イシュヴァール殲滅戦に参加した過去はなく、背中に刺青を持たない。