リジェ

LIGIER

F1チーム。

フランス人ギ・リジェ1970年に立ち上げた。純フランスチームを標榜し、フレンチブルー一色のボディカラーが鮮烈だった。メインスポンサーはフランスのタバコ公社タバコの銘柄「ジタン」。

1980年代後半から下位に低迷し始め、ミナルディと並んで下位チームの代名詞となってしまう。

資金繰りに苦しむようになった結果、ベネトンのセカンドチーム的存在となった時期を経て、1997年アラン・プロストにチームを売却。その幕を下ろした。