リック・フレアー

スポーツ

リック・フレアー

りっくふれあー

プロレス界を代表する現役の選手。

 1972年AWAバーン・ガニアにトレーニングを受け、デビューを果たす(1972)。AWAの所属期間はそれほど長くなく、まもなくNWAに移籍(1974)。飛行機事故に遭い背中を負傷し、選手生命を失いかけるも(1975)見事復帰を果たし、ヘビー級世界王者を初めて戴冠する(1977)。その後、WWF新日本といった団体に一時的に所属することはあったが、基本的にNWAの流れを汲むWCWに所属。WCW崩壊後は共同経営者としてWWFに復帰*1(2001)。現在はプロレスラーとしてWWERAWに所属している。所属団体では常に第一線を走り続け、通算一六度の世界王座獲得を誇る。

 ファイト・スタイルはダーティーでテクニカル。サミングや足払いといった小技から、フィギュア・フォー・レッグロックに代表されるさまざまな関節技まで使いこなす。受身が得意で、相手を引き立てる術に長ける。

 愛称はネイチャーボーイ

 現在はトリプルH率いるヒール軍団エボリューションの一員として活躍

リスト::プロレスラー

*1:共同経営者というのはもちろんストーリー上でのこと。当初はタレントとして活躍していたということです。

*2:攻撃を受けて、よたよたと歩いたと思えば、突然倒れるあれ