スマートフォン用の表示で見る

リトビネンコ

一般

リトビネンコ

りとびねんこ

アレクサンドル・ヴェルタロヴィチ・リトビネンコ(Alexander Litvinenko、ロシア語:Александр Вальтерович Литвиненко、1962年8月30日 - 2006年11月23日) ロシア人の元情報将校。2000年11月にイギリス亡命プーチン政権批判で知られる人物。

2006年11月1日、ピカデリーのスシ・バーでイタリアマリオスカラメラ氏と会食し、その後体調不良を訴え、入院。11月23日に死亡した。ポロニウム210の大量摂取による体内被曝による中毒とされる。

2007年5月、カンヌ国際映画祭にアンドレイ・ネクラーソフ監督のドキュメンタリー映画『暗殺・リトビネンコ事件』が出品される。日本公開は、2007年12月。