リトル・チルドレン

映画

リトル・チルドレン

りとるちるどれん

Little Children

スタッフ

  • 監督:トッド・フィールド?
  • 製作:トッド・フィールド?、アルバート・バーガー?、ロン・イェルザ?
  • 製作総指揮:ケント・オルターマン?、トビー・エメリッヒ?、パトリック・パーマー?
  • 脚本:トッド・フィールド?、トム・ペロッタ?
  • 原作:トム・ペロッタ?
  • 撮影:アントニオ・カルヴァッシュ?
  • 編集:レオ・トロンベッタ?
  • 音楽:トーマス・ニューマン

概要

 トム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマ。郊外の住宅地を舞台に、いい年して今の自分を受け入れられず別の人生を夢見てしまう大人になりきれない大人たちの哀しい人間模様を、同情と共感を込めつつもシニカルに綴る。主演は本作で5度目のオスカー・ノミネートとなった「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、共演にパトリック・ウィルソンジェニファー・コネリー。2007年のアカデミー賞では主演女優賞と脚色賞に加え、子役出身のジャッキー・アール・ヘイリーが助演男優賞に初ノミネートされ、大きな話題となった。

 アメリカボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。成功したビジネスマンの夫リチャードと3歳になる娘ルーシーと共にここへ引っ越してきた専業主婦のサラ・ピアース。さっそく娘を連れて公園デビューに挑むが、郊外の典型的な主婦の集団に肌が合わず違和感を拭えない。そんな主婦たちの目下の話題は、彼女たちが“プロム・キング”と呼ぶ、学園の人気者タイプの男性のこと。彼の名はブラッド・アダムソン。ドキュメンタリー作家として成功したキャシーを妻に持ち、主夫をしながら司法試験合格を目指していた。サラはちょっとしたイタズラのつもりで、公園に現われたブラッドとハグをしてキスを交わす。軽いお遊びのつもりが、やがてお互いのことが心の中を大きく占めるようになってしまう。そんな中、性犯罪で服役していたロニー・マゴーヴィーが街に戻ってきたことで、街はにわかに騒然となっていく。

(allcinemaより)

アカデミー賞

*1:Rated R for strong sexuality and nudity, language and some disturbing content.