リトルロック高校事件

社会

リトルロック高校事件

りとるろっくこうこうじけん

アメリカ公民権運動の中での重要事件。1957年アメリカでは"Little Rock Nine"として知られる。

公教育の場における人種分離教育は違憲」の米最高裁判決を受け、アーカンソー州リトルロック高校での黒人受け入れを市教育委員会は決定する。

が、受け入れ初日に一部の白人は黒人生徒の排斥運動を開始。時の州知事も州兵をさしむけてリトルロック高校に黒人生徒が入れないようにした。

その状況を受け、アイゼンハワー大統領はリトルロック高校に空挺部隊派遣。黒人生徒9人が安全に高校生活ができるよう武器で警護し続けた。