リバース・モーゲージ

リバース・モーゲージ

(一般)
りばーすもーげーじ

[英] Reverse mortgage
リバースモーゲージは、自宅を担保にした年金制度の一種。
自宅を所有しているが現金収入が少ないという高齢者世帯が、住居を手放すことなく収入を確保するための手段。
所有する不動産を担保に融資を受け、死亡時にその不動産を売却して一括返済する仕組みのことである。
住宅担保年金ともいい、自宅を手放さずに、融資を受けることができます。このため、金利の低迷は長期化し、株価下落や年金問題など、老後の生活資金についての不安が高まる中で、老後の生活防衛手段として、活用が広がっている。

リバースモーゲージの種類

公的なものと民間のものがある。
公的なものは、比較的低所得者を対象とするものが多く、民間のものは富裕層を対象とするものが多くなっています。また、民間のものは、銀行が提供しているほか、大手ハウスメーカーが自社販売住宅を対象としているものもある。

リスク

金利リスク

ほとんどのリバースモーゲージは変動金利が採用されているため、金利が上昇した場合、借入残高が増大し担保が割れることがある。

不動産価格の下落リスク

不動産価格が低下した場合、評価替えが行われ毎月受け取りタイプの場合は融資額が下落することがある。

長生きリスク

当初の想定年数よりも長生きした場合、担保掛目を越えての融資は行われないため、融資が打ち切られることになるリスクがある。

新着ブログ: リバース・モーゲージ