スマートフォン用の表示で見る

リバテープ製薬

サイエンス

リバテープ製薬

りばてーぷせいやく

日本の医薬品メーカー。熊本などでは絆創膏の代名詞となっている「リバテープ」が有名。また、化粧品健康食品の製造販売も行っている。熊本県鹿本郡植木町に本社がある。

1878年に創業者の星子亀次郎が膏薬の「ほねつぎ膏」の製造を開始。1902年に星子旭光堂の屋号で製薬事業に本格進出する。 1960年救急絆創膏の「リバテープ」の販売を開始。1967年に社名を合資会社リバテープに改称。1972年に現在の社名になった。