スマートフォン用の表示で見る

リバビリン

ウイルス剤。

最近は、C型肝炎治療において、インターフェロン製剤と併用することによって、抗ウイルス作用を高めるために用いる。従来インターフェロン単独療法で効果が少ないとされていた特定のウイルスタイプおよびウイルス量が多い症例についても、ウイルス排除の効果が高くなることが知られている。

リバビリン製剤には、シェリング・プラウ社の「レベトールカプセル」等がある。