スマートフォン用の表示で見る

リフラフ

1980年代前半に活動した、男性アイドルグループ

芸映所属(当時)

TRFのSAMがメンバーにいたことでも知られる。

1984年ワーナーパイオニアから「セクシー100℃」でデビュー。

ただし1981年頃にビクターからダンスユニット「チャンプ」としてレコードを出しており、実際には再デビューである。

再デビューにあたってつけられた「リフラフ」というグループ名は、ピーター・バラカンの命名によるという。


またセカンドシングル「東京涙倶楽部」が、ワム!の「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」そっくりな楽曲であったことから物議を醸した。*1


リスト::アイドルグループ

*1:作曲者には平田謙吾とクレジットされており、カバーではない。また、よく聞くとメロディーは全く別物である。