リベラシオン

読書

リベラシオン

りべらしおん

フランス左翼紙。「libération」はフランス語で「解放」「自由化」などの意味。サルトルらの協力によって1973年に創刊される。文章は「ル・モンド」などに較べると晦渋で読みづらい。近年は深刻な経営危機に陥っている。

論調

左翼紙といっても、日本の左翼朝日新聞などとは根本的に異なり、軍備や愛国心は否定しない。1991年湾岸戦争にも、2003年からのイラク戦争にも、最近のフランス軍によるリビア空爆にも賛成した。核武装原発にも賛成している。