スマートフォン用の表示で見る

リリアン・テュラム

スポーツ

リリアン・テュラム

りりあんてゅらむ

フランスの元サッカー選手。ポジションはディフェンダー

1972年1月1日生まれ。身長185cm、体重78kg。

所属クラブ

1990-1996
ASモナコ
1996-2001
パルマAC
2001-2006
ユベントス
2006-2008
FCバルセロナ

経歴など

驚異的な身体能力と確かな技術を武器に、フランス代表やユベントスなどで守備の要として活躍した。基本的にはセンターバックだが、右サイドバックでプレーしたこともある。

1998年に地元フランスで開催されたFIFAワールドカップでは、右サイドバックとして攻守に活躍し、フランス代表の初優勝に貢献した。続く2000年のUEFA欧州選手権でも優勝。しかし、2002年の日韓ワールドカップではフル出場したが、ジネディーヌ・ジダンの怪我などもあり、グループリーグで敗退した。

2004年、ジネディーヌ・ジダンらと同様に母国代表から退いたが、2005年コートジボワール戦の親善試合で代表復帰。2006年のワールドカップではウィリアム・ギャラスらと強固なディフェンスラインを形成してフランスを準優勝に導いた。

2008年に現役引退。国際Aマッチ142試合出場はフランス代表史上最多。


リスト::サッカー選手