リレーつばめ

一般

リレーつばめ

りれーつばめ

門司港博多博多駅〉〜新八代間を結ぶL特急九州新幹線の部分開業に伴って2004年3月13日運行開始。そのため、2011年3月11日を以て役目を終えた。新八代駅では同一ホームで九州新幹線つばめ」と3分差の接続が組まれていた。車両は在来線時代の「つばめ」から引き継いだ787系(北ミフ所属)。

なお、下り列車の場合は名目上、全列車とも行先が「鹿児島中央」と案内されるが、実際には上述のように新八代で乗り換えとなる。ただ11両編成で運転される場合、博多寄りの4両は博多熊本間のみの運転となる。

その昔、東北新幹線大宮駅上野駅を結んでいた列車は「新幹線リレー号」と呼ばれていた。