【英】relation

リレーションとは、関係モデルにおいて、データを関連付けている属性の集合のことである。関係データベースの考案者であるエドガー・コッド(Codd)によって提唱された「コッドの12の法則」(Codd's 12 Rules)に登場する概念で、今日の関係データベースに多大な影響を与えている基礎的概念のひとつとなっている。

関係データベースは、それぞれ異なる形式を持った複数の表の集まりである。各表はボディと、属性を表すヘッディングによって構成されている。このそれぞれの表が、リレーションと呼ばれている。リレーションは、正規化されて冗長性が省かれることによって、n項まで関連付けることのできる関係モデルとして成立している。

スポーツ

リレーション

りれーしょん

ゲートボールの「高齢者」イメージ払拭が目的。


2人制はリレーション−ダブルス、3人制は同トリプルズとなる。

2人制・3人制も、コートの大きさや、使う道具は5人制と同じだが、一人一人のプレー機会が増えるため、運動量が多く、展開が速いという特徴があり、体力にまだ自信がある中高年層や若年層を取り込む切り札として期待されている。