ウェブ

リンクフリー

りんくふりー

概要

「貴方がこのホームページにリンクする際、私は許可を求めません」という意味を含めた日本産の迷句。「ホームページは他人の著作物であるからして、リンクを結ぶ際には許可が必要」という誤解に端を発している。

考察

この迷句は以下のようなウェブサイトに多く見られる。

インターネット上にホームページを作る」行為は万人に対して文書を公開するものであり、同時に文書に対する参照を承諾したことになる。リンクを張ることは、単に別のホームページに行けること、そしてそのホームページの中にある情報にたどり着けることを指示するに止まり、その情報をみずから複製したり送信したりするわけではないので、著作権侵害とはならない。既に公開されている文書に対して「リンクはお断りします」「リンクは自由です」といった主張は無意味である。

これを踏まえて無断リンク禁止の理由としてよく挙げられる以下の項目について考えると、

これらは、入場制限(セッション管理やRefererによるアクセス制限等)を設ければ解決する事が多い。しかし、技術的に実現できる人が多くないこと、ウェブサイト作成を他者に丸投げするケースがあることなどから、「無断リンク禁止」という言葉だけの主張が広く流布されている。このような主張があちこちで繰り返される事によって、あたかもこの主張がウェブの慣習であるかのような認識が形成され、厄介事に関わりたくないから先に宣言しておくような「リンクフリー」という言葉が出てきたと考えられる。また「リンクフリー」という言葉が広く流布したために、「リンクフリー」と明記されていないウェブサイトの各ページにはリンクしてはいけないという認識も形成されつつあり、ウェブ上の知のネットワーク化を妨げている現状がある。

まとめ

基本的にウェブ上にあるコンテンツは(セッション管理や認証などを用いない限り)公開されたものであり、これを参照することは著作権侵害にあたらない。「リンクフリー」等の主張には法的な強制力もモラル上の制約力もないだけでなく、「無断リンク禁止」という考え方を助長するものであり有害である。