スマートフォン用の表示で見る

リング・ラードナー

読書

リング・ラードナー

りんぐらーどなー

1885‐1933年。アメリカユーモア小説家ミシガン州生まれ。

1919年まで新聞記者として野球欄を担当。そのかたわら描き上げた『メジャー・リーグのうぬぼれルーキー』(おれは駆けだし投手)で一躍評判を獲る。

V・ウルフやフィッツジェラルドら同時代作家の高い評価を受け、1920年代を代表する米国作家の一人。

息子のリング・ラードナー・ジュニア?脚本家となった。