スマートフォン用の表示で見る

リヴィウス

読書

リヴィウス

りう゛ぃうす

古代ローマの氏族名の一。リウィウス、リビウス、リーウィウスなどとも。

普通は、ティトゥス・リウィウス(Titus Livius)のこと。

ティトゥス・リウィウス

帝政初期のローマ歴史家。(紀元前59年〜紀元後17年)

アウグストゥスオクタウィアヌス)とも近かった。主著「ローマ建国史」は142巻中わずか35巻しか現存しないが、ローマに関する第一級の資料として珍重されている*1

*1:リウィウス本人は文学志向が強くて共和制主義者であるため内容が一部曲がっているともされ、取り扱いには用心が必要とはされている