ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献

アート

ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献

るこるびゅじえのけんちくさくひんきんだいけんちくうんどうへのけん

英語での呼称:The Architectural Work of Le Corbusier, an Outstanding Contribution to the Modern Movement

2016年に登録された世界遺産世界文化遺産)の名称。ル・コルビュジエの作品である世界各地の17の物件をまとめて世界遺産として登録したもの。

東京都上野にある国立西洋美術館本館を含む。

  1. ラ・ロッシュ-ジャンヌレ邸(フランス1923年
  2. レマン湖畔の小さな家(スイス1923年
  3. ペサックの集合住宅(フランス)1924年
  4. ギエット邸(ベルギー1926年
  5. ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅(ドイツ1927年
  6. サヴォア邸と庭師小屋(フランス)1928年
  7. イムーブル・クラルテ(スイス1930年
  8. ポルトモリトーの集合住宅(フランス)1931年
  9. マルセイユのユニテ・ダビタシオン(フランス)1945年
  10. サン・ディエの工場(フランス)1946年
  11. クルチェット邸(アルゼンチン1949年
  12. ロンシャンの礼拝堂(フランス)1950年
  13. カップ・マルタンの休暇小屋(フランス)1951年
  14. チャンディガールのキャピトル・コンプレックスインド1952年
  15. ラ・トゥーレットの修道院(フランス)1963年
  16. 国立西洋美術館(日本)1954年
  17. フィルミニの文化の家(フランス)1953年