スマートフォン用の表示で見る

ルー・ジャクソン

スポーツ

ルー・ジャクソン

るーじゃくそん

Louis Clarence Jackson

MLBプロ野球サンケイアトムズの選手。通称「黒いアトム」。

右投左打、ポジションは外野手背番号は15→3番。

1935年7月26日生まれ。米国ルイジアナ州リバートン出身。

シカゴ・カブスボルティモア・オリオールズを経て、1966年サンケイアトムズに入団。

スワローズアトムズ球団初の外国人選手。シャープな打撃と俊足には定評があり、「黒い稲妻」と称される。

陽気な人柄で人気を博し、デイブ・ロバーツとのコンビで活躍。1967年、オールスターに出場。



しかし、焼き鳥を好物とし、酒を毎日飲むと言う生活が体をむしばんでいた。

1969年3月26日、オープン戦の試合中に打席で倒れる。


4月26日に手術を受けたものの、同年5月27日、膵臓壊死のために逝去。

遺体は米軍立川基地を経由して、アメリカに送還された。