ルース台風

サイエンス

ルース台風

るーすたいふう

1951年昭和26年)10月に発生し、九州地方中国地方に甚大な被害をもたらした台風15号アメリカ式の台風命名法でルース台風と呼ばれている。

10月9日にグアム島の西海上で発生、発達しながら西に進み、次第に北から北北東へと進路を変えた。10月13日に宮古島沖縄本島の間を通過、10月14日19時頃に鹿児島県串木野市付近に上陸した。台風は非常に速い速度で九州を縦断、中国地方も縦断して日本海へと進み、能登半島東北地方を横断して15日夕方には三陸沖に進んだ。

勢力が強く猛スピードで駆け抜けたため、各地で暴風が吹いた。九州地方中国地方で大雨となり、山口県では土砂災害と河川の氾濫が相次いだ。鹿児島県では強風と高潮による被害も出た。

死者572人、行方不明者371人、負傷者2,644人。