スマートフォン用の表示で見る

ルートヴィヒ2世

社会

ルートヴィヒ2世

るーとびひにせい

Ludwig II.

バイエルン国王

1845年8月25日、生まれ。1886年6月13日、死去。

在位は、1864年から1886年

ノイシュヴァンシュタイン城などの宮殿を建てる。普墺戦争ではオーストリアに味方したことにより、バイエルンはプロイセンに対し多額な賠償金を払うに至り、発狂したとされる。(現在では、この発狂説は、政治的なものだったのではないか、と言われる。)

芸術好きな彼は、リヒャルト・ワーグナーをバイエルンに呼びよせ、バイロイト音楽祭の創始に関わる。