ルーベン・マムーリアン

映画

ルーベン・マムーリアン

るーべんまむーりあん

Rouben Mamoulian

 アメリカ映画監督

 1897年10月8日、グルジアトビリシ生まれ。

 1987年12月4日没。

 1922年ロンドンに移り舞台監督となり、すぐにアメリカ合衆国に渡る。

 1929年に映画『喝采』を初監督。

主な監督作:

喝采 (1929)

市街(1931)

ジキル博士とハイド氏 (1931)

今晩は愛して頂戴ナ (1932)

恋の凱歌 (1933)

クリスチナ女王 (1933)

復活(1934)

虚栄の市 (1935)

歌へ陽気に(1936)

たくましき男 (1937)

ゴールデン・ボーイ(1939)

快傑ゾロ (1940)

血と砂 (1941)

Rings on Her Fingers(1942)

サンマー・ホリデイ (1948)

絹の靴下 (1957)