スマートフォン用の表示で見る

ルイ・コスタ

Rui Manuel César Costa

ポルトガルの元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィルダー(トップ下)、フォワードセカンドトップ)。

1972年3月29日生まれ。アマドーラ出身。身長180cm、体重74kg。

所属クラブ

1990-1991
ADファフェ
1991-1994
SLベンフィカ
1994-2001
ACフィオレンティーナ
2001-2006
ACミラン
2006-2008
SLベンフィカ

経歴・プレースタイルなど

類稀なテクニックを持ち、華麗なドリブル、創造性豊かなパスで観衆を魅了するファンタジスタ

1991年地元開催のFIFAワールドユース選手権で優勝し、ルイス・フィーゴジョアン・ヴィエイラ・ピントらとともに、ポルトガル代表黄金世代の中心選手となった。1993年A代表デビュー。1996年・2000年・2004年UEFA欧州選手権、2002年FIFAワールドカップに出場した。代表通算94試合出場、26得点を記録。

ベンフィカの下部組織出身。1990-91シーズンに3部リーグのファフェでキャリアをスタート。1991-92シーズンからベンフィカレギュラーに定着、1993-94シーズンにはリーグ優勝を果たした。1994年にはイタリアセリエAフィオレンティーナに移籍。ガブリエル・バティストゥータとのホットラインで活躍し、1995-96シーズンと2000-01シーズンにはコッパ・イタリアを制した。2001年、フィオレンティーナの財政難もあって、セリエAの名門・ACミランに移籍。名門にあっても華麗なプレーで観衆を魅了したが、2003年にカカが加入したこともあって、途中出場が多くなった。2006年に古巣のベンフィカに復帰、2007-08シーズンをもって現役引退を表明した。引退後はベンフィカのテクニカル・ディレクターに就任した。


リスト::サッカー選手