スマートフォン用の表示で見る

ルイージ・ガルバーニ

サイエンス

ルイージ・ガルバーニ

るいーじがるばーに

Luigi Galvani(1737年?9月9日1798年12月4日

イタリアボローニャ出身の医師物理学者。死んだカエルの筋肉が電気でけいれんするのを発見、生体電気研究の端緒となった。

アルミホイルを噛むと感じる刺激のことをガルバーニ電流という。