スマートフォン用の表示で見る

ルイジ・ノーノ

音楽

ルイジ・ノーノ

るいじのーの

Luigi Nono。1924年1月29日にヴェネツィアで生まれ、1990年5月8日にヴェネツィアで亡くなった。

Luigi Nono


イタリア現代音楽作曲家イタリア共産党の熱心な活動家としても知られていた。妻はアルノルト・シェーンベルクの娘のヌーリア。

代表作はテープなどのエレクトロニクスを駆使した「力と光の波のように」など。ロックミュージシャンのなかでは、あぶらだこの長谷川裕倫がノーノのファンであることを公言している。





主な作品

  • ガルシア・ロルカの墓碑銘≫(1952-53)
  • ≪イル・カント・ソスペーソ(中断された歌)≫(1955-56)
  • ≪ヴァリアンティ≫(1957)
  • ≪イントレランツァ≫(1960-62)
  • ≪生命と愛の歌―広島の橋の上で≫(1961)
  • ≪森は若々しく生命に満ちている≫(1966)
  • ≪力と光の波のように≫(1971-72)
  • ≪愛に満ちた太陽の光の中で≫(1975)
  • ≪…苦悩に満ちながらも晴朗な波…≫(1976)
  • ≪断章─静寂、ディオティマへ≫(1979-80)
  • プロメテオ≫(1982)
  • ≪進むべき道はない だが進まねばならない……アンドレイ・タルコフスキー≫(1987)
  • ≪未来のユートピアノスタルジー的遠方≫(1988-89)

Lontananza Nostalgica Utopica Futara / Hay Caminar

Lontananza Nostalgica Utopica Futara / Hay Caminar

Nono: Prometeo

Nono: Prometeo

Nono:La Lontannaza Nostalgica

Nono:La Lontannaza Nostalgica