ルイス・エンリケ

スポーツ

ルイス・エンリケ

るいすえんりけ

Luis Enrique Martínez García

スペインの元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションは主にミッドフィールダー

1970年5月8日生まれ。アストゥリアス州ヒホン出身。身長180cm、体重73kg。

経歴など

主に中盤の右サイド、ウインガーとしてプレーしたが、ユーティリティプレイヤーとして、サイドバックからフォワードまで、ゴールキーパーセンターバックを除くあらゆるポジションをこなした。

レアル・マドリードFCバルセロナの2大ビッグクラブでプレーし、両クラブで数々のタイトル獲得に貢献した。1996年、レアル・マドリードからライバルのFCバルセロナに移籍した際には、当初は風当たりが強かったが、入団から3季連続でリーグ戦2桁得点をマークするなどプレーでサポーターの心を掴んだ。晩年にはFCバルセロナキャプテンを務めた。

1991年スペイン代表デビュー。1992年バルセロナオリンピックU-23スペイン代表の主力として金メダル獲得に貢献した。FIFAワールドカップには1994年・1998年・2002年の3大会、UEFA欧州選手権には1996年大会に出場した。代表通算62試合出場、12得点を記録。


リスト::サッカー選手