ルイス・ハビエル・ガルシア・サンス

スポーツ

ルイス・ハビエル・ガルシア・サンス

るいすはびえるがるしあさんす

Luís Javier García Sanz "LUIS GARCIA"

スペイン代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Luís Javier García Sanz  

生年月日 : 1978年6月24日

出身地 : Badalona, Província de Barcelona, Cataluña / Catalunya (バダロナ?、バルセロナ県?カタルーニャ自治州

身長・体重 : 177cm・67kg

ポジション : MF・FW

所属クラブ

1997〜99 : FCバルセロナB

1999〜02 : レアル・バジャドリーCF

2002〜03 : アトレチコ・マドリー

2003〜04 : FCバルセロナ

2004〜07 : リヴァプールFCイングランド

2007〜09 : アトレチコ・マドリー

2009〜10 : ラシン・デ・サンタンデール

2010〜11 : パナシナイコスFCギリシャ

2011〜12 : プエブラFCメキシコ

2012〜 : UNAMメキシコ

プレースタイル、経歴など

FCバルセロナカンテラ出身で、FCバルセロナBではFWとしてシャビ・エルナンデス、ガブリ、カルレス・プジョルなどと一緒にプレーした。独特な得点能力、独特なリズムのドリブルで攻撃を指揮し、タイミングに優れた飛び出しでDFラインの裏を付く。運動量も豊富で、左利きだが左右両サイドをこなす。ハビ・ガルシア (Javi García) とは従兄弟にあたる。

スペインのクラブを転々としていたが、2004-05シーズンにCDテネリフェ時代の監督であるラファエル・ベニテスに招かれ、イングランドリヴァプールFCへ移籍。3年後の2007年7月、交換トレードではないがフェルナンド・トーレスと入れ替わるような形でアトレチコ・マドリーに移籍。しかしこれといった活躍もできず2009年8月にラシン・デ・サンタンデールへ移籍。その後は1年ごとに所属クラブを渡り歩いている。

スペイン代表デビューは2005年3月26日の親善試合・中国戦。2005年11月12日、2006FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選プレイオフスロバキア戦では、スペイン代表初先発でハットトリックの偉業を成し遂げた。