スマートフォン用の表示で見る

ルイス・ブニュエル

映画

ルイス・ブニュエル

るいすぶにゅえる

映画監督

Luis Bunuel(1900-1983)、スペイン出身

主な作品

  • アンダルシアの犬(1928)
  • 黄金時代(1930)
  • 糧なき土地(1932)
  • グラン・カジノ(1946)
  • のんき大将(1949)
  • スサーナ(1950)
  • 忘れられた人々(1950)カンヌ映画祭最優秀監督賞、国際批評家賞
  • 愛なき女(1951)
  • 昇天峠(1951)カンヌ映画祭最優秀前衛映画賞
  • 賭博師の娘(1951)
  • エル(1952)
  • 乱暴者(1952)
  • 嵐が丘(1953)
  • 幻影は市電に乗って旅をする(1953)
  • 河と死(1954)
  • アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生(1955)
  • それを暁と呼ぶ(1955)
  • この庭に死す(1956)
  • サリン(1958)カンヌ映画祭審査員特別賞
  • 熱狂はエル・パオに達す(1959)
  • 若い娘(1960)
  • ビリディアナ(1961)カンヌ映画祭グランプリ
  • 皆殺しの天使(1962)カンヌ映画祭国際映画記者会賞、映画テレビ作家協会賞
  • 小間使の日記(1964)
  • 砂漠のシモン(1965)ヴェネチア映画祭審査員特別賞
  • 昼顔(1966)ヴェネチア映画祭金獅子賞
  • 銀河(1969)
  • 哀しみのトリスターナ(1970)
  • ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972)
  • 自由の幻想(1974)
  • 欲望のあいまいな対象(1977)