ルイス・ボンファ

音楽

ルイス・ボンファ

るいすぼんふぁ

Luiz Bonfa

ボサノヴァギタリスト歌手作曲家

1922年10月17日、生まれ。2001年1月12日、死去。

クラシック出身で確かな実力の持ち主であるが決してテクニックに溺れるタイプではなく、数多い技術の引き出しの中から必要最低限のものを曲に散りばめている。

映画の挿入歌として有名な「カーニヴァルの朝(黒いオルフェ)」の作曲者。