ルイス・ロペス

キーワードの候補

2件

Luis Antonio Lopez

90年代のプロ野球選手。現スカウト。

右投右打、ポジションは一塁手三塁手背番号は2→44→33番。

1964年9月1日生まれ。米国ニューヨーク州出身。

ラファエット高校から1983年、ロサンゼルス・ドジャースに入団。

1990年MLB昇格。

1991年クリーブランド・インディアンズに移籍。

マイナーリーグを経て1996年、来日し広島東洋カープに入団。

春季キャンプにて山本一義の熱血指導もあり打撃が開眼。

ビッグレッドマシンの5番打者として、同年、最多安打打点王のタイトルを獲得。

1997年も打点と2年連続で打点王のタイトルを獲得。

1998年、福岡ダイエーホークスに移籍。

ライアン・トンプソンと共に打撃陣を牽引。

特に西武ライオンズに対しての活躍振りを見せた。

同年、退団。

1999年、台湾プロ野球に転じるも数日で退団。

2000年、米国独立リーグ・サマーセットでプレー。

2000年シーズン途中、広島東洋カープに復帰。主軸を打つ。

2002年4月6日、安打の際、二塁走者の前田智徳が生還できなかったことに激昂し、前田を殴って謹慎処分を受ける。

同年、現役引退


カープ史上最高の外国人選手に数えられる。

2006年、東北楽天ゴールデンイーグルスの駐米スカウトに就任。野手を担当。


なお、打撃フォームが似ている事などから話題になったが、

2005年に東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍したルイス・ロペスとは全くの別人である。



リスト::野球選手

Luis Lopez

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は42番。

1973年10月5日生まれ。米国ニューヨーク州出身。

1996年、トロント・ブルージェイズに入団。 2001年、MLB昇格。

2004年、モントリオール・エクスポズに移籍。


2005年、来日し東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。初代四番打者を務めた。

結果が残せなかったものの、ホーム最終戦で代打本塁打を放つなど勝負強い打撃を見せた。

同年、退団。


妻の名前はジェニファー・ロペス


なお、打撃フォームが似ている事などが話題になったが、

90年代後半に広島東洋カープなどで活躍したルイス・ロペスとは全くの別人である。