スマートフォン用の表示で見る

ルカ・パチョーリ

「近代会計学の父」と呼ばれる、イタリア数学者。(1445年〜1517年)

1494年、『スムマ』と呼ばれる数学書を書いた。正式なタイトルは "Summa de Arithmetica, Geometria, Proportioni et Proportionalita" (算術、幾何、比および比例に関する全集)であり、このなかでルネッサンス当時のヴェネツィア商人が使用していた複式簿記を初めて学術的に説明している。また、同書では賭博を例にとった問題が紹介されており、これは確率を数学的に取り上げた最初の文献であるとも言われている。