ルコント・ド・リール

一般

ルコント・ド・リール

るこんとどりーる

高踏派の代表的存在として有名なフランス詩人。熱狂的な共和主義者だったが,二月革命後政治に幻滅,同時にロマン主義に反感をもつ。