ルシファー

キーワードの候補

2件

ゲーム

ルシファー

るしふぁー

この世の果てまで光り輝く6枚の翼を持つ魔界の王で、全ての天使と堕天使の中で最も偉大で魔界で最も恐れられている。

ゲームでは刹那と未来の父親で魔界や地上界の平和を望むが、アニメでは人間やデビルの負の感情を勝てに力をため、世界に恐怖や破壊をもたらす。

属性が月なのが黒の書・赤の書、闇属性が光の書・闇の書で、

9のぞろ目のステータスは光の書・闇の書のネットバトルで手に入り50回エンカウントすると光属性にたいしてダメージをHP回復に変換できる。

続きを読む

読書

ルシファー

るしふぁー

Lucifer

ルシフェルスペイン語)、ルキフェル(ラテン語

旧約聖書イザヤ書』14章12節〜14節の誤記から産まれた悪魔。

ラテン語のluciferは「光を運ぶ者/明けの明星(=金星)」などを意味する。

バビロンネブカドネザル王を指すが、そこで混同が起り、独立した悪魔の名前となった。

また、ルシファーはサタンの、堕天前の名であるとしてしばしば同一視される。

七つの大罪では「傲慢」を司る。かつて12枚の翼を持つ天使だったが、神に反旗を翻し、堕天した。

イブに知恵の実を食べさせたのが、ルシファーだったともいわれている。

なお幸福の科学ではLuciferの英語読み(ルシファー)とスペイン語読み(ルシフェル)とで別個の意味をもたせている。約一億二千万年前、ルシフェルという名の七大天使の一人が地上にサタンという名で生まれ、地位欲や物質欲等におぼれて堕落、高級霊界に還ることができず。ルシファーという名で地獄の帝王となって地上に混乱を起こしている。エンリル地球に移住した際の、彼の直属の部下の一人。ルシフェルが地獄に堕ち、ルシファーという名で呼ばれるようになったとされる。(「愛、無限」大川隆法著(幸福の科学出版刊)に詳しい。)