ルテイン

カロテノイド類の一種(したがって抗酸化物質)。ほうれん草などの色素。

眼の水晶体と黄斑部にはカロテノイドの中でもルテイン

ゼアキサンチンしか存在しておらず、

これらの部位の機能に重要な役割を果たす。

 体内合成は不可、よって青果類による摂取は不可欠。意

一日の摂取量として6〜10〜20mgが適量され、生のホウレンソウが含有する量として100gの食事摂取を推奨する向きが多いが、含有量最大はケールと言われ、ホウレンソウの倍を含むとも言われるが、一般的な家庭向きにに出回る食材とは言い難く、サプリとしてルテイン効用をねらった複合栄養素補助食品に使われるほうが多い。

 このようにルテイン食事サプリの両方の角度から摂取法が論じられている。他の野菜として可食部100g毎にブロッコリー1.9mg、レタス2.6mg等のデータはあるが、それらを駆使して毎日の食事で必要量を摂取するのは難しい。ルテインが親油性の為である。油調理を施さないと吸収力が弱い、遅いということで生食や茹、水煮調理場合、期待した目の健全には至らないの可能性がある。この吸収の問題をクリアするには、量を20mgを大幅に超える量を凝縮させたサプリの方が、排泄される無駄も多いが、毎日の目標摂取量は体内に届いていると考えられるからである。

 ビタミンCのように多くの野菜、果実に含まれ水溶で生野菜でも摂りやすいものと違い、カロテノイド系は油溶性で生食野菜には多くない栄養素で食事サプリ両刀摂取が必要である。