ルドルフ・ヘス

一般

ルドルフ・ヘス

るどるふへす

ドイツ国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の副総裁

ナチス創立メンバーでヒトラーに陶酔する忠臣。

 1941年5月10日独ソ戦の開始直前にイギリスとの停戦交渉の為スコットランドハミルトン公爵の居城へ飛行したが、無視されロンドン塔に拘留。

 1946年ニュルンベルク裁判で戦争企画と国際平和の擾乱の容疑で起訴され、終身刑判決が下された。1966年以降はシュパンダウ刑務所でただ一人の囚人として膨大な国家予算を無駄にしながら拘留が続けられた。*11987年8月17日93才で死亡・

 一部のネオナチからは殉教者として崇められている。

*1:保釈も検討されたが、ソ連の反対で実現せず