スマートフォン用の表示で見る

ルノー

一般

ルノー

るのー

RENAULT

フランスの由緒ある自動車メーカー

1898年 Société Renault Frères(ルノー・フレール社)として創業。

ルノー・フレール社は1945年1月に国営化され、名称を「ルノー国立公社(Régie Nationale des Usines Renault)」に変更した。

1984年に経営危機に直面したが、カルロス・ゴーン氏が副社長として建て直しをはかった。

1990年公社から有限責任会社となった。

1996年7月に民営化が始まるまでは、実質、国営企業であった。

1999年3月、日産自動車と提携。

1999年7月、ルーマニアダチアDACIA)と提携。

2000年9月、大韓民国韓国)のサムスンSAMSUNG)と提携し、ルノーサムスン 発足。

2001年、ルノーの商用車部門(Renault Trucks)をボルボが買収。また、ボルボはルノーの出資を受け入れ、ルノーが筆頭株主となる。

F1

1977年から、ルノー・スポールとしてF1グランプリに参加。

F1にターボエンジンを持ち込み、80年代前半にはトップチームの一つとして活躍したが、1985年を最後にF1撤退*1

1989年からエンジンサプライヤーとして活動を再開し、ウィリアムズベネトンなどにエンジンを供給。ホンダ撤退後のグランプリを席巻し、1992〜97年までのコンストラクターズタイトルは全てルノーエンジンの供給先による。

2000年、ベネトンを買収。

2002年からルノーのフルワークスとして活動。

チーム名は、2002年から2006年まで「マイルドセブンルノーF1チーム」。

2007年からオランダ金融グループINGグループがタイトルスポンサーとなり「ING・ルノーF1チーム」となる。


リスト::F1

*1:エンジンサプライヤーとしては1986年まで。