ルパン三世 PartIII

アニメ

ルパン三世 PartIII

るぱんさんせいぱーとすりー

モンキー・パンチ原作のテレビアニメルパン三世』の第3シリーズ。

1984年3月3日から1985年12月25日まで全50話が放送された。



前作『新ルパン三世』において作品世界が確立され、また映画『ルパン三世 カリオストロの城』の大ヒットにより国民的アニメとなったルパン三世だったが、今作ではそのイメージに敢えて従わず、原作からの抜粋を中心にハード&アダルト路線を軸とした作品が目立つようになった。主題歌や劇中曲も、『新ルパン三世』で使われた曲を一切使わず差別化を図っている。

キャラクターデザイン・作画監修には、パイロットフィルム版からルパン三世に参加してきた青木悠三を起用。原作に近付けたキャラクターが作り出された(ルパン三世のジャケット色がピンクになったのは彼の提案だと言われている)。作画についてはあえて統制は行わず、各作画監督やプロダクションの個性が出るようにしたため、独自色の強い作品が数多く生み出された。

当初全26話の予定で作られたが、好評であったため50話まで延長が決定。それに伴いキャラクターデザイン一新された。放送中の1985年7月には、劇場版第3作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』も公開されている。

本放送中はプロ野球中継と重なることが多く放送機会に恵まれず、また再放送の回数も極端に少ないため、ファンの間でも視聴機会が得られず、今だ正当な評価が下されていない作品だが、個々の作品レベルは決して低くは無い。

次元が『戦争の英雄』と言われる旧友と再会したことで悲劇を生む「ルパンが戦車でやってきた」、弾丸を目視で避けてしまう殺し屋との戦いを描いた「死神ガーブと呼ばれた男」、五右衛門の兄弟子との決闘とその復讐劇「友よ深く眠れ」などは評価が高い。また、『カリオストロの城』のオマージュである「バルタン館のとりこ」、奇才・鈴木清順が脚本を担当した怪作「悪のり変装曲」、次元を主役に描いた前後編「暗号名はアラスカの星」「アラスカの星は地獄への報酬」も見逃せない作品だ。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ「セクシー・アドベンチャー」
作詞:宮原芽映 / 作曲・編曲大野雄二 / 歌:中村裕介
エンディングテーマ「フェアリー・ナイト」
作詞:宮原芽映 / 作曲・編曲大野雄二 / 歌:ソニア・ローザ