レーザー加工

サイエンス

レーザー加工

れーざーかこう

レーザー加工はその名前が示すようにレーザーレーザー発振器)を用いて加工を行うこと。

レーザー加工には大きく分けて次のジャンルが挙げられる



レーザー切断

 一般的には鋼鈑切断をレーザーで行うことで、加工幅が狭い場合には微細切断という。

 レーザーの高出力化や価格低下も手伝い多くの加工所で使われている。

 CO2レーザー炭酸ガスレーザー)が用いられる事が多い。



レーザー溶接(レーザー溶着)

 自動車のボディや各種金属製品など金属同士をレーザーを用いて加工を行うこと。

 金属でなく樹脂同士の場合はレーザー溶着と言う。

 YAGレーザーやファイバーレーザー、高出力半導体レーザー(高出力LD)が用いられる。



レーザーマーキング

 各種パッケージへのバーコードや表札名前入れ、おせんべいへのマーキングから半導体

 ロット管理のためのマーキングなど多様なところで活躍している。レーザーマーキング

 置が低価格になってきたため非常に多くのコンシュマーマーケットで、使用されるように

 なってきた。

 CO2レーザー、YAGレーザーなどが用いられる。



レーザー微細加工

 最近の電子製品は小型コンパクトになってきており、部品の実装密度を上げるために基板

 への加工や部品への加工が微細化しており、従来の方法では加工できないためレーザー

 工が用いられるようになってきた。

 UV固体レーザーやエキシマレーザーが用いられる事が多い。