レーダー探知機

一般

レーダー探知機

れーだーたんちき

 スピード違反の取締りの多くは、その速度測定に電波式のスピードガンが使われる。このスピードガンが速度を測るために発する電波(レーダー)を受信して運転者に通知する機能をもつ製品をレーダー探知機という。

 近年ではGPSを応用して、あらかじめ記憶したオービスIII(無人式速度取締り装置)の位置に近づいた場合や、カーロケと呼ばれる特殊車両が本部と位置情報をやり取りする電波を受信した場合などに運転者に通知する機能をもつ製品も登場している。

 スピードガンが発する電波と、コンビニなどの自動扉が人を検知するために発する電波周波数が近いため、安価な製品の中には誤動作を起こし、「セブンイレブン探知機」と呼ばれる製品もある。確かに、こういう製品でも田舎ではコンビニを探すのに有用な場合もある。しかし、都市部では煩雑に警報が鳴るため、五月蝿さのあまりレーダー探知機の電源を切ってしまう人も多い。その結果、実際の取り締まりに出会っても通知されず、役に立たなかったという笑えないエピソードも耳にする。