レイ・コニフ

音楽

レイ・コニフ

れいにこふ

1916-2002 アメリカイージー・リスニング界の巨匠。トロンボーン奏者、アレンジャー、バンドリーダー。

マサチューセッツ州に生まれ。

54年、レイ・コニフミッチ・ミラーの後押しにより、コロムビアレコードと契約。ローズマリー・クルーニーガイ・ミッチェルらの作品にアレンジャーとして携わりながら、56年になってようやくソロ・アルバムの制作に漕ぎ着けた。

オーケストラをバックに、器楽的な洒落たコーラスやハミングでメロディーを聴かせるといった斬新な手法が話題を呼び、「'S Wonderful」、「Somewhere My Love」など、10年間に28枚ものアルバムをヒットチャートに送り出した。

66年には、映画「ドクトル・ジバゴ」の主題歌「ララのテーマ」のカバーで、グラミー賞を受賞している。74年にアメリカ人ポピュラー初となるロシア録音盤「Ray Conniff In Moscow」を発表。


日本ではレイ・コニフ・シンガーズの名で親しまれ、来日コンサートも数回行っている。近年ではレイ・コニフ・シンガーズは「ソフト・ロック」としての評価も高い。