スマートフォン用の表示で見る

レイモンド・チャンドラー

読書

レイモンド・チャンドラー

れいもんどちゃんどらー
  • シカゴ出身。幼くして両親が離婚し、母とともに渡英する。25才で再びアメリカに戻り、職を転々とする。第1次世界対戦に従軍。石油会社の役員などを経た後、1933年よりパルプマガジン短編小説を発表するようになる。比喩を多用した独自の文体は後世の作家に多大な影響を与えた。一方で感傷的な作風に対する批判も多い。

長編リスト