レギュラシオン

読書

レギュラシオン

れぎゅらしおん

1970年代にフランスを中心に興った経済学の一派。

マルクス主義の流れをくみながら、現在の資本主義がなぜ安定的であるのかを史的に分析する。その中心課題として、調整(レギュラシオン)という概念をもつためレギュラシオン学派と呼ばれる。



主要な、レギュラシオン学派の経済学者

  • ミシェル・アグリエッタ
  • ロベール・ボワイエ
  • デスタンヌ・ド・ベルニス